アメリカでの二人の子育てにまつわる日々について、ぼちぼち綴ります。
by jkomama
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
Travel
Good Eat
Books
DVDs
Kids
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
チャリティーバザー Bene..
at 2011-03-28 11:15
Quake
at 2011-03-12 10:43
新しい家族 New Fami..
at 2011-03-11 04:11
Bread and Pizz..
at 2011-02-27 05:17
レイナ1歳半 Leina 1..
at 2011-02-26 12:04
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アランとお出かけ Event at Rudolf Steiner School

f0233896_10125710.jpg


少し前の週末に、シュタイナースクールで行なわれたイベントに
アランと参加してきました。2ヶ月ちょっとアランと一緒に親子教室を体験した学校でもある
この学校。
We joined the fun event at the Rudolf Steiner School in Ann Arbor a couple of weeks ago, where we took parent/tot class for awhile.

麦を石臼でひいたり、ライ麦パンをつくったり。生演奏の音楽があったり、
フェルト作りをしたり、、、。普通の子供用イベントとはちょっと変わった体験のできる機会で
アランも私もとても楽しみました。
It was definitly different from a typical american kids friendly event, but we really enjoyed it. Live music, grinding wheat to make flour, baking rye bread, wet felting etc.
f0233896_10223947.jpg
f0233896_10225528.jpg
f0233896_1023990.jpg


この学校での親子教室では、アランも最初はもじもじ君だったんのだけれど、
初めてサークルタイムに参加できるようになりました。
それまで参加したクラスでは、サークルタイムになると、なだめても、励ましても、おどしても、
ひっぱっていっても、教室のすみっこに隠れて、指をくわえて、みんなのやることを見ていたアラン。
英語の環境でも、日本語の環境でも同じで、言語が関係するということでもなかったのだけれど、
そろそろ、シャイというだけでは片付けられないのではないか?と考え始めたときだったので、
シュタイナー学校でのポジティブな体験は私たち親子にとって、すごく貴重な経験だったと思う。
環境って本当に大切だ!
For the first time, Alan could join the circle time at the class, which was a big milestone for Alan. Up until then, Alan just couldn't join the circle time, either at English speaking environment or Japanese speaking environment. He would just go to one corner of the classroom and watch the others do the circle time. I started to worry that it may not simply be "shyness", so I was really relieved that if he was in the right environment, he would be fine. Environment, environment, environment.
[PR]
by jkomama | 2010-06-22 10:41 | Kids